任意整理 車ローン

MENU
車、手放す必要あり?ローンと任意整理|支払督促状の対応方法ラボ

車、手放す必要あり?ローンと任意整理

任意整理は弁護士や司法書士が貸金業者とあなたの間に入って、借金返済の和解をしてくれる行為です。

 

借金による利息を無くして元金だけの返済にしたり、返済額と返済期間とを決めて、それに則して借金を整理する方法です。

 

その時に心配になるのが車。
ローンが残っている時に任意整理をしたら、車を手放すことになるのでしょうか?

 

任意整理が車のローン会社の対象となっている場合

車のローンが残っている場合、車の所有権はローン会社が持っている事になります。任意整理をするときに車のローンを組んでいる会社の分も対象となった場合、車の所有権がローン会社に引き上げられることになり、車を手放すことになります。

 

任意整理が車のローン会社の対象外となる場合

ローン会社を任意整理の対象としなくても借金返済ができると判断された場合は、車を手放さずに済みます。自家用車で配送業をしている場合は車がなくなってしまっては、借金返済のための収入を失うことになるので、任意整理の対象外とする必要が出てきます。

 

車のローン名義が本人以外の場合

家族で債務者以外の人が車のローンを組んでいる場合、その人は任意整理をする人ではありませんから車を手放すことはありません。あくまでも対象者は借金をしている債務者であり、他の家族の人には影響しません。

 

車のローンが残っていない場合

普通車で初年度登録から5〜7年経過している場合は車を維持できる可能性があります。但し、外車や人気車種といった高価な車は手放さなければいけない場合もあります。

 

この記事の関連ページ

債務整理をした人は住宅ローンは組めるのか?