債務整理のデメリット

MENU
債務整理にデメリットはある?|支払督促状の対応方法ラボ

債務整理にデメリットはある?

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。

 

どの対処をしても借金が減る方向ですので、そういった意味では債務整理をするメリットは大きいです。では逆に、債務整理をすることによるデメリットはあるのでしょうか?

 

5〜7年間はローンが組めない

債務整理をすると事故情報、俗に言うブラックリストに名前が載りますので、債務整理後5〜7年間はローンが組めない、借入ができないといったデメリットが出ます。なぜ5〜7年かというと、ブラックリストに載った名前が消えるまでにそれくらいの期間がかかると言われているためです。

 

貸金業者からお金を借りられない時に借入できるような業者があったとしたら、それはヤミ金の可能性が高いですから、そういった所から借入しなくてもいいような生活をする必要があります。

 

自己破産をすると、財産が一切なくなる

任意整理や個人再生は利息を減らして借金を返済していく方法ですが、自己破産は借金自体を帳消しにする方法です。自己破産は、所有している家、車、土地など、すべての財産を差し押さえられるというのが他の債務整理とは大きく異なる所であり、デメリットと言えます。

 

官報に名前が載る

債務整理をすると官報という国が発行している新聞の様な物にに名前が載ります。ただ、官報は一般の人で見る人はいませんから生活に支障はありません。

 

債務整理をしても、勤めている会社をクビになったり戸籍に記載される、選挙権が無くなるといった不当な扱いを受ける事はありませんので、デメリットはありますがそれよりも借金を減らせるメリットの方が大きいでしょう。

 

この記事の関連ページ

知っておきたい、債務整理、自己破産のメリットとデメリット。
債務整理をすると住宅ローンは組める?