保証人と連帯保証人の違い

MENU
保証人と連帯保証人の違い|支払督促状の対応方法ラボ

保証人と連帯保証人の違いとは?

債務者、つまり借金をしている人が返済しなかった場合、債権者つまりサラ金や信販会社は債務者の保証人や連帯保証人に借金の肩代わりをするように求められます。

 

仮に債務者が自己破産してその人が借金返済をしなくなったとしても、連帯保証人になっている人にはその借金を返済する義務があります。

 

ところで、保証人と連帯保証人の違いとは何でしょうか?

 

保証人

債務者が返済をせずに債権者から保証人に返済要求された場合、債務者にに給与や財産等の支払い能力があれば、「先ずはそこから取るべき!」と主張することが出来ます。

 

これを「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」と言います。つまり、債務者に少しでも支払い能力があると認められる場合は、借金の肩代わりを拒否する事が出来るのです。

 

連帯保証人

債権者が借金の返済しない場合、たとえ債務者に支払能力があったとしても債権者は連帯保証人に返済を要求することができ、連帯保証人はそれを拒否する事ができません。

 

「先ずは債務者からお金を取ってください!」という「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」が無いという事です。つまり、債権者はお金を回収できる人に肩代わりしてもらえるわけです。

 

もしあなたが保証人、特に連帯保証人になっている場合、その人が貸金業者から借りている様でしたら十分な注意が必要です。

 

仮に、保証人としての返済義務が発生し思わぬ借金を背負ってしまった場合、無理に全額を支払おうとはせず、先ずは専門家である弁護士に相談しましょう。債務整理をすることで返済額を減らせる道があるかもしれません。

 

この記事の関連ページ

知らないと損!親の借金は返済義務があるのか?