債務整理 住宅ローン

MENU
債務整理をした人は住宅ローン組める?|支払督促状の対応方法ラボ

債務整理をした人は住宅ローン組める?

債務整理には、

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

がありますが、債務整理を行うと事故情報(ブラックリスト)に名前が載るため、5〜7年間は住宅ローンや車のローンが組めません。

 

ブラックリストから名前が消されるのに5〜7年かかると言われています。それを過ぎればローンを組むことができると考えて良いでしょう。

 

債務整理後、住宅ローンを組む時

例えば、妻が債務整理をした場合、妻だけがブラックリストに載るので夫には何ら影響はありません。ですから、住宅ローンや車のローンを組む時、この場合は夫名義であれば大丈夫です。

 

しかし、ローンの保証人が妻になる場合、借入する為の審査に通らないケースが発生するかもしれません。保険会社に加入して保証人が不要になるタイプの住宅ローンであれば、妻の信用情報を調べることはありませんから大丈夫です。

 

債務整理をすると、住宅ローンはどうなる?

債務整理の、

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

の内、自己破産以外は住宅ローン以外の借金を圧縮して返済するので、家を手放すことはありません。しかし、自己破産は住宅や土地を含む全ての財産が取り上げられるので、住宅を手放す事になります。

 

債務整理をしても、住宅ローンが払えない場合はどうする?

債務整理で利息がカットされたり借金を減額できても、住宅ローンの支払が難しい場合は住宅の売却(任意売却)を検討しましょう。

 

売却を渋っても住宅ローンが支払えなければ、最終的には競売にかけられます。競売は任意売却の相場よりも安く落札されることが多いですから、失業などによって住宅ローンの返済ができないと思ったら競売になる前に売却し、そのお金を借金の返済に回す方が良いでしょう。

 

競売というのは周囲の人に知られてしまう恐れがありますが、単なる売却であれば家の事情としか思われませんから、精神的なメリットもあります。

 

この記事の関連ページ

銀行のおまとめローンは借金返済にお得なサービスなのか?