過払い金請求とは

MENU
過払い金請求とは?お金が戻ってくる方法|支払督促状の対応方法ラボ

「過払い金請求」でお金が戻ってくる!

※2010年6月18日以前に、消費者金融や信販会社から借り入れした方のみ、こちらを読み進めてください。弁護士さんにお願いして任意整理という借金の清算を行うと、貸金業者に払った余分なお金が戻ってくるかもしれません。

 

借金を返済しても返済しても、全然額が減らない・・・

 

そんな方は、消費者金融や信販会社に払わなくてもいい金利まで支払っているのかもしれません。

 

実は、お金を貸すときに付けられる金利には、

  • 利息制限法
  • 出資法

の2種類があります。

 

利息制限法の上限金利

  1. 〜10万円未満:年20%
  2. 10〜100万円未満:年18%
  3. 100万円〜:年15%

 

一方、出資法の金利とは、

年29.2%

 

・・・10%も利息に差があります。この差をグレーゾーン金利と言います。一度は聞いた事、ありませんか?

 

国はなぜこんな2種類の金利法を作ったのかは良くわかりませんが、2010年6月18日以降は貸金業法の改正により利息制限法の金利みに一本化され、出資法の金利はありません。

 

サラ金は少しでも金利を高く取りたいですから、当然のように出資法の金利を適用していました。

 

もちろん法律範囲内ですから問題なかったのですが、このグレーゾーン金利で支払った分は、返金請求できることになっています。

 

これを過払い金請求と言います。

 

弁護士がすべての手続きを行ってくれますので、もしかしたら払いすぎてるんじゃないか?と感じることがあれば、早速弁護士に相談してみましょう。中には、100万円の借金返済が残っていた方が、過払い金請求で150万円が戻ってきた!というケースもあります。

 

借金が一気になくなるどころか、逆に手元にお金が残ります。

 

弁護士や司法書士に依頼した費用は過払い金請求で戻ってきたお金の中から支払いますので、もし今手元にお金がなかったとしても全く心配いりません。

 

支払を延滞して、サラ金やクレジットカード会社といったノンバンクから借金返済催促である督促状が来るようになったら過払い金の可能性もありますので、面倒くさいと思わずに一度連絡しておきましょう。

 

状況を説明すれば引き直し計算をしてくれるので、いくらくらい戻って来るかも教えてくれます。

 

尚、過払い請求の手続きは自身でもできますが書類が複雑なので、頼んだ方が間違いありません。

 

過払い請求の有効期限

過払い請求するにも実は時効がありまして、請求できる期間は最終取引から10年間です。この期間内であれば支払った余分なお金を請求できます。

 

その間に、契約書を無くしてしまっている人も多いですが、契約書が無くても過払い請求はできます。貸金業者は弁護士や司法書士に「取引履歴」の開示を求められたら提出しなければいけない義務がありますから、そこから過去をさかのぼって、過払い請求を行います。