親の借金の返済義務

MENU
親の借金、返済義務ある?|支払督促状の対応方法ラボ

親の支払督促状の借金、返済義務ある?

自分の親が消費者金融やカードローンなどの貸金業者から借金をしてそれを返済せずに滞納していると、その息子や娘に借金の支払督促状、取り立てや電話が来ることがあります。夫の借金なら妻に支払督促が来るでしょう。

 

親とは言え、自分の借金ではないお金を、果たして返済する義務はあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、親が借り入れをするときに、保証人または連帯保証人になっているのであれば親の代わりに返済しなければいけません。それぞれのケースに分けて解説します。

 

保証人と連帯保証人の違いについては、こちらのページをご覧ください。

 

保証人になっている場合

借金をしている親が働いていて、給与収入があるにも関わらず借金返済をしないのであれば、親の借金を肩代わりする必要はありません。逆に、もし親が無職で収入も無く、土地や財産も無い場合は返済能力ゼロですので、この場合は保証人が借金を支払う必要があります。

 

連帯保証人になっている場合

借金をしている親に返済能力が有る無しに関わらず、サラ金などの貸金業者から支払督促を迫られたら、連帯保証人の人は必ず支払わなければいけません。

 

つまり、
親の借金=連帯保証人の借金
となります。

 

連帯保証人というのは、とても重い責務があるのです。

 

一番怖いのが、親が借り入れをするときに、子供に内緒で保証人や連帯保証人にしている場合です。疑わしいと感じたら、一度調べてみましょう。

 

保証人にも連帯保証人にもなっていない場合

例え親であっても、保証人にも連帯保証人にもなっていない場合は、支払督促が来たり取り立てが来ても、あなたは返済する義務は全くありません。もちろんこれは夫婦間にも言えることです。

 

借金返済が滞ると、その親族に借金返済を肩代わりするように要求する貸金業者もいるようですが、その言葉に乗せられて借金を返済する必要はないのです。

 

そうは言っても・・・

 

借金をしている親が同じ屋根の下に住んでいれば、取り立てや支払督促状が届いて、いくら借金返済の義務が無くても精神的に疲れてしまいますよね。そういった時は、真っ先に弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

親の借金を債務整理することで取り立ても無くなりますし、借金額の圧縮もできます。借金問題というのは耐えたり、自分だけで解決しようとはせず、必ずこうした専門家に相談しましょう。

 

弁護士費用はせいぜい数万円。皆さんがイメージするほど費用はかかりませんので。