支払督促状

MENU
よくある質問|支払督促状の対応方法ラボ

支払督促状よくある質問

支払督促、借金問題、債務整理、弁護士相談についてよくある質問をまとめましたのでご覧ください。

不慮の事故(交通事故など)で借金した場合も債務整理できますか?

可能です。
こうした不可抗力の事だけでなく、離婚や転職など、私生活で借金を背負ってしまうケースでも債務整理の対象になります。

ギャンブルで借金を繰り返しています。支払督促状も届くようになりましたが、返済するお金がありません。

ギャンブルや浪費など自分で借金をしてしまうケースでも、債務整理は可能です。任意整理をすれば支払督促も止まりますし、利息をカットすることで返済額を減らすこともできます。

弁護士に頼んで債務整理をしたいのですが、家族や会社の人にバレないか心配です。

債務整理の中でも、任意整理や個人再生であれば家族や会社の人に内緒にしながら進めることは可能です。依頼する弁護士さんにもその事を事前に伝えておきましょう。家に電話せずに携帯で連絡を取るなどすれば問題ありません。ただ、自己破産は家や土地、車などの資産は全て失いますから、家族に内緒にしておくことは困難です。でも、自己破産をしても国が発行する官報という新聞の様な物に氏名が載りますが、官報を見る人はまずいませんから、会社の人にバレる事はほぼ無いと言っても良いでしょう。結婚を機に債務整理をする場合も一緒です。恋人や婚約者に知られることはまずありません。

貢いだ借金も債務整理できますか。

貢いだ借金も債務整理可能です。ただし、自己破産に関しては裁判所の許可が下りず難しい場合もあります。

詐欺にあった借金は債務整理可能なのでしょうか。

こちらも債務整理可能です。何かしらのトラブルに巻き込まれて借金を背負ってしまった場合も、先ずは弁護士に相談しましょう。

身内の借金は、家族が肩代わりしなければいけないのでしょうか?

保証人になっている場合、債務者に返済能力があれば肩代わりする必要はありませんが、そうでない場合は代わりに返済しなければいけません。連帯保証人になっている場合は債務者の返済能力に関わらず、貸金業者から返済を要求されたら応じなければいけません。保証人や連帯保証人になっていなければ、たとえ身内であっても肩代わりする義務はありません。

ヤミ金から支払督促を受けています。利息が高く、返済できません。どうすればいいでしょうか?

ヤミ金業者は貸金業者の正式登録をしていない所ですので、そもそも借金を返す必要はありません。消費者金融と同じように借金返済しなければいけない、というのは間違いです。特に返済を脅迫されている様であれば、今すぐに弁護士に連絡を取りましょう。

 

この記事の関連ページ

借金関連のよくある疑問と答えのまとめ