支払督促状 無視

MENU
無視するとどうなる?|支払督促状の対応方法ラボ

支払督促状を無視するとどうなる?

借金の返済が遅れて、サラ金や信販会社などの債権者からの支払督促状がポストに投函されても無視し続けたらどうなるのか?結論から言いますと、その債権者から提訴を起こされて裁判沙汰になります。つまり、あなたが訴えられるということです。

 

それだけでなく、遅延損害金というペナルティーも課せられ、最大で利息の1.46倍ものお金を返さなければいけない羽目になります。未払いの利息分もありますからそれに上乗せとなり、さらに借金返済が苦しくなります。返済を無視していてもあなたにとって何一つと言って良いことはありません。

 

では、どう対処するか?

 

返済ができなくて支払督促ばかりが届いてしまう、毎月の支払期日が迫っても返すお金がない、給料が入っても他の借金返済で消えてしまう。そんな時は一刻も早く弁護士か司法書士に相談しましょう。

 

専門家の力を借りることで借金を減額したり、利息をゼロにしたり、過払い金の場合であれば払い過ぎたお金が戻って来る場合もあります。

 

借金返済をせずに5年以上経過したら

借りたお金を5年以上返済せず、支払督促も来ていない場合は、借金の消滅時効といって返済しなくても良くなります。ただ、それを放置しておいてはダメで、弁護士や司法書士にお願いして、法的な手続きを行って初めて借金を返す必要が無くなります。

 

こういったケースは時効を迎えただけですから、弁護士に処理を依頼してその事実が明るみになっても、それで逮捕されることは絶対にありません。

 

借金をしてから5年以上経過してから支払を行った場合

借り入れを行い5年間借金返済しなくても催促されなかったのに、5年以上経過してから急に貸金業者から支払依頼が来たらぞうするか。この場合は支払を行ってしまうと借金を認めたことになり、返済しなくても良い時効が適用されなくなります。

 

貸金業者は5年以上経過しても支払う義務がある様な事を言って巧みに支払いを促しますが、法律的には返済する必要はなくなっていますから、その時は弁護士か司法書士に相談して、時効を迎えた手続きを行ってもらいましょう。

 

この記事の関連ページ

借金返済のよくある質問Q&A
知っておきたい!お金関係の基本用語集